マネー

住宅ローンの迷いを解消

フラット35とは民間金融機関と住宅金融支援機構が提携して提供する住宅ローンです。保証料無料や繰り上げ返済の手数料も無料なので、借りやすい住宅ローンです。他に質の高い住宅取得を応援する金利引き下げ制度や、ずっと固定金利なので返済計画も立てやすいのが特徴です。

レディ

事業者向けの借入れ

個人事業主が事業資金を調達するのに公的期間であると審査に時間を要すことが多く審査基準も厳しいです。その点、ノンバンク業界でのビジネスローンであれば申込みをしたその日に審査結果が出て即日融資にも対応しています。

貯金箱

安定して返済する手段

住宅ローンは基本的に返済は長期にわたります。この先の人生で世の中の情勢変化や、今後生活で起こる変化は予測できないものです。だからこそフラット35では借入時から返済終了まで変わらない固定金利で、生活をサポートしています。繰り上げ返済も手数料無料であり、返済計画の立てやすい住宅ローンです。

スーツの人

融資条件を重視した貸出し

ビジネスローンは融資条件が緩和されたサービスであることから、幅広いニーズを獲得しています。特に、公的な融資と比較し短時間での審査および貸し出しが可能で、民間のビジネスローンは利用しやすいことが大きな特徴とされています。

財布

金融機関以外の住宅ローン

フラット35は住宅ローンを借りる人にとっては金融機関の住宅ローンを大きな違いはなく、繰り上げ返済も簡単にできます。インターネット窓口を利用すれば10万円からの少額返済が可能ですし、金融機関窓口を使って全額返済した場合であっても繰り上げ返済手数料は無料なので使いやすい住宅ローンです。

事業向け融資の使途と条件

男性

事業者向け融資の特徴

個人向けの融資とは異なり、ビジネスローンには専門的な使途があります。これは企業の資金繰りに活用されるケースが主な目的とされ、住宅購入や車のローンとは異なる特色を持つものです。ビジネスローンは中小企業をはじめ、個人事業主の方や自営業者の方に多く活用されています。これらの用途はビジネスを立ち上げる際の資金や事業の運転資金、人件費など使途は多岐にわたります。この事業者向けの融資の大きな特徴として目立つ点は担保を設定する必要がないという条件で、短時間で融資を受けることができるというメリットもあるのです。また、担保を設定することで、より高額な融資を受けることも出来るようになるので、規模の大きな企業にも利用されています。そして、個人向けの金融商品と異なるなるポイントは融資額です。具体的には、数百万円から数千万円の高額な融資に対応しているローンも多数見受けられます。高額な融資を希望する場合には担保のほかにも保証人を用意することが必要になりますが、これらの条件を満たすことが出来れば金利負担を抑えた借り入れとなることも大きな利点とされています。加えて、ビジネスローンには非常に多くの種類があります。これは融資を提供する金融機関により異なり、大手銀行や消費者金融系のサービス、信販系の融資では貸し出しの条件が大きく異なるという性質も見受けられます。従って、ビジネスローン利用の際には複数の条件を検証し、より利用しやすい融資提供先を見つけ出すことがポイントです。

Copyright© 2017 ビジネスローンと個人向け融資の違いを徹底リサーチ! All Rights Reserved.